ワンピース銅像『ゾロ』が熊本 大津町にやってきた!

熊本

2022年1月22日、熊本県は大津町に熊本復興プロジェクト ワンピース銅像としては9体目の『ゾロ』がやってきました!

ゾロの銅像設置場所に大津町が選ばれた理由は、

 ”子供達が稽古に励んだ武道場の被災をはじめ生活が一変した大津町には、戦闘員のゾロが駆けつける。剣道が盛んな土地柄を活かして、子供たちと広場での剣の修行を重ね、地震に負けない町づくりを目指す。”

となっています。

気になる銅像のデザインは、ゾロの代名詞である3刀流。

1本の刀を左手に掲げ、1本の刀を口に咥え、鞘に入ったもう1本の刀を右手で抜かんとしているデザイン。

他のワンピース像と比べても一番躍動感がある感じで、ゾロのキャラクターにも合っていてカッコいいです。

銅像のある場所は、大津中央公園。

公園には銅像の他に、広い芝生スペースや遊具設備、砂場などがあり、特に小さな子供づれの方などは楽しめるのではないでしょうか。

公園には120台も駐車が可能な広い駐車場があり、車だと熊本市内から40分、熊本空港からは20分程度で来ることができます。

また、JR豊肥本線の肥後大津駅から徒歩5分程度の場所にあるので、電車でのアクセスも良好です。

ワンピース像 9番目の登場となったゾロ。

他のワンピース像を見た人も、まだ見ていない人も必見の像なので、是非訪れてみてください。

コメント